債務整理は、借金をしたことのない人や一般の人にはあまりなじみがないことです。しかし、一度でも借金の返済をしばらく滞らせたり多額の負債を背負ってしまったりした人にとっては、今後の人生を大きく左右する重要なことだといえます。

山形で返済しきれなくなった借金をきれいに清算するために、債務整理は欠かせないことです。整理は自分だけで自力で行うことも可能ですが、ほとんどの場合は弁護士や司法書士といった法律の専門家に協力してもらうことになります。

山形にあるどの事務所に依頼する場合でも、債務整理のための手順は同じです。重要なことは、借金がどんどん膨らんでしまいとりかえしのつかなくなる前に、早めに法律の力を借りるということです。例えば、債務整理をする場合、法定利息を超えた分を過去に支払った金額が元本に組み入れて計算しなおされるため、残りの借金がだいぶ縮小されることがあります。

また、債権者へ受任通知という書面での通知がなされると、それ以降は借金の返済の窓口がすべて弁護士になるため督促などが全く来なくなります。これは、借金で悩んでいる人にとって精神的に大きく負担が減ることであるといえます。

いろんなデメリット

以上のように、法的に債務整理をすることを選んだ場合はたくさんのメリットがあります。一方、法律の力を借りることによって生じるデメリットももちろんあります。それは、整理後にローンやクレジットカードが使えなくなるということです。

また、債務整理を始めた時点で、各種金融機関のブラックリストに載ってしまうことになります。その後リストにのっている期間は5年や10年の期間になります。自己破産を選択した場合は、特定の職業についている場合(また、これからその職業に就こうとしている場合)などに、影響が出てしまうデメリットがあります。

それは、警備員や会社の取締役や保険の代理店である場合などです。この制限は、破産の手続きが終了すれば解除されます。また、自己破産では自己の高額な所有物を手放す必要があるため、財産の価値の高い人はデメリットが大きいといえます。

一度背負ってしまった借金がすぐになくなってしまうということは決してなく、法律に則り借金を清算するためには、さまざまな法的な手続きとそのためにかかる一定の時間が必要です。借金の苦しみから解放されるためにも、思い立ったら早めに山形県内の弁護士など法律の専門家に相談することをお薦めします。