過払い金を金融業者に請求できる権利を最高裁判所が認めて、早や10年が経とうとしています。その間、新聞広告やテレビ・ラジオのCMなどで債務整理のことを知り、過払い金をカードローン会社に請求したという人も多いようです。

ところが借金をすでに完済したからとか、昔のことでカードも今手元にないという理由で、過払い金の請求ができないと思い込んでいる人も少なくないようです。しかし借金を完済してもその間にかかった利息が不当に高額だったり、カードが手元になくても借金の返済で利息も払った経験がある場合は、過払い金を請求することができるのです。

ところが過払い金の請求が最高裁で認められて10年になろうとしている今、請求期限が刻々と迫ってきています。すると過払い金請求の権利が消滅してしまう恐れがあるのです。それは過払い金を金融業者に請求できる権利にも時効があるからです。消滅時効が過ぎてしまえば、いくら過払い金請求を依頼しても多額の金額が戻ってこないことになります。

自分には関係ないと思っている人でも、債務整理を行っている司法書士や弁護士に相談すると以外にも多額の過払い金が戻ってくる可能性があります。最近では司法書士事務所や弁護士事務所でも、無料で債務整理相談を行っているところが増えていますので、一度相談してみることが望ましいでしょう。

債務整理を相談する事務所は全国的にも増えてきています。例えば和歌山県に住んでいる人の場合は、地元にある司法書士事務所や弁護士事務所に相談するのが良いのですが、中には有料で相談を受け付けたり、後から借金の利息に関する調査と称して追加請求してくるところもありますので注意が必要です。

和歌山県では和歌山専用の司法書士や弁護士を検索できるサイトがありますし、そこで口コミなどの評価も見ることができます。さらに一括検索することで、費用なども各事務所ごとに簡単に比較できます。ちなみに和歌山県には和歌山債務整理相談センターという、法務大臣認定の司法書士が借金問題を専門に取り扱っている事務所があります。

この事務所には債務整理専門の司法書士が数人在籍しています。そして借金問題や過払い金による無料相談も受け付けていて、土・日・祝日でも朝9時から夜9時まで相談することが可能です。普段仕事をしている人でも会社の人に知られたり、平日時間を割いて相談する必要もありません。

またこの相談センターでは電話相談のほか、メール相談も受け付けていますので、好きな時間に相談することも可能です。過払い金請求は国が認めた権利です。少しでも過払い金を返金してもらい、自分や家族のために有意義に使うのが一番です。