特定調停とは、簡易裁判所を利用して負債を圧縮させる手続きの事で、『支払い不能までは至っていないけど、このままだと行き詰まるのがまかっている』という状況にある債務者の経済的再生をする手続きで、平成12年2月から施行された新しい債務手続きの事を言います。

簡単意言いますと、裁判所を利用した任意整理と言えますので、特定調停の利用目安は任意整理と同じく利息制限法で引き直した後の債務を三年以内に返済できるかどうかになります。

特定調停は、専門的な知識が無くても行う事が可能なので、弁護士、司法書士に依頼するお金がない方が裁判所の力を借りる事によって簡単に債務を整理する事ができます。

任意整理と特定調停の大きな違いになってくる所は、任意整理は弁護士や司法書士が裁判所を介さずに書く債権者と交渉するのですが、特定調停は裁判所が債務者の間に入って債務整理案を作成していく所が大きな違いになってきます。

また、調停が成立すると調停長所が作成されますが、これは、確定判決と同じ効力が認められており、調停成立後に支払いができなくなってしまうと、債権者は訴訟を提起することなく、この調停長所に基づいて給与の差し押さえなどの強制執行手続きがされますので注意が必要です。

この事から、調停が成立したからといって安心はできません。その後の返済期間(3〜5年間)は支払いが滞ることなく返済を続けていく必要があります。

メリット

  • 費用を抑える事ができ、専門的知識がが不要なので比較的に簡単に利用できる。
  • 他の債務手続きに比べて早く解決することが可能(申請後1ヶ月程度)
  • 利息制限法に引き直しが用意になった
  • 手続き中の強制執行を止める事ができる
  • 債権者との交渉は調停委員がおこなってくれる

デメリット

  • ブラックリストに載ってしまう
  • 調停成立後、支払いができなくなってしまうと、給与などの差し押さえされる可能性がある
  • 債権者ごとに手続きが進行
  • 強硬な債権者がいる場合は強制力がない
  • 裁判所、調停委員によっては債権者よりの対応をとる事がある