徳島県の県民性として一昔前までよく言われていた表現に、思いがけないお金が入ったら徳島県の人はそのお金を元手に何倍かに増やそうとするというものがあります。ところが最近の徳島県の県民性はむしろ無駄なお金は使わないといわれ借金嫌いとして認識されているのです。借金嫌いということは当然債務整理の必要性に迫られる可能性は少ないといえます。

とはいえこうした統計はあくまでも一般的なものであり、当然徳島県でも債務整理の必要がある人という人は存在します。こうした人が頼れる弁護士事務所や司法書士事務所など無料で相談できる場というのは徳島駅付近を中心に県内各地に存在しています。周りの人に相談できないという場合でもこういったところに相談するなど一人で悩まないことが大切です。

債務整理とはローンやキャッシングによって借り入れたお金が返済できず困っている人が行うことでその借金を整理することが出来ます。そうすることで今後、借金の返済に苦しまなくて済むようにするという制度です。債務整理には大きく分けて任意整理、民事再生、自己破産の3つのパターンがあります。

引き直し計算で返済額を明確に

任意整理は他の民事再生や自己破産とは異なり借りた額は全額返済する必要があります。しかし借り入れ時には必ず金利が発生します。この借入時の金利がいわゆるグレーゾーンと呼ばれる高金利で設定されていた場合、法にのっとった金利に引き直し返済額を計算します。

そうするごとで返済総額を減らすことが可能なのです。任意整理を行った場合にその記録が残るのでそれから5年間はローンを組んだりお金を借り入れる際に制限が掛かりますが、財産の処分も必要なく特定の職業につけないということもありません。

財産を守る

民事再生とは住宅ローンを除く借入金の返済額を裁判所が認めれば減額することが可能です。住宅などの高額資産は保有した状態で返済額を減額することが出来ることが特徴の一つです。しかし減額された金額はその後3年間で返済を完済する必要があります。こちらも民事再生を行った記録が残るので5年から10年はローンを組む際などに制限が掛かってしまいます。

最終手段

最終的にどうにも返済ができないという人が利用するのが自己破産です。裁判所が認めればすべての借金の返済が免責されます。しかし同時に自動車や住宅など20万円以上の価値のある財産はすべて処分されてしまいます。とはいえ今後も生活をしなければならないのでこうした生活に不可欠な家具等は手元に残ります。自己破産をした記録が残るのでその後7年程度はローンを組むなど借り入れに制限が掛かってきます。

このように債務整理といってもいくつか種類があります。自分がどれを行えばより負担が軽くなるのかというのは専門知識を持った人にカウンセリングをしてもらい判断してもらうことが大切です。まずは一人で悩むのではなく誰かに相談することで快適な生活を手に入れることが出来るのです。