埼玉でも債務整理をお考えの方は多いと思います。任意整理とは自己破産や民事再生のように裁判所を利用することなく、借金の返済が厳しい方の代理人(弁護士や司法書士)が貸金業者と交渉し、毎月無理の無い金額に分割して返済しやすく するものです。埼玉で任意整理をする場合には、安定した収入があることが条件となります。

弁護士に整理方法を相談

貸金業法の改正前の高い上限金利で返済をしていた場合には、それを計算しなおして、大きく元金が減る場合もあります。また、場合によっては、払いすぎた分が過払金として戻ってくる可能性もあります。債務整理の方法も、任意整理にするのがよいのか、自己破産や民事再生のような裁判所の手続きを利用する方がよいのか、債務の借入先や金額によってケースバイケースですので、弁護士や認定司法書士にまずは相談するのがよいでしょう。

借金問題はこじらせる前に早めに手を打つ方が費用も少なく、解決も容易です。弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、相手方の貸金業者からの支払の督促が一旦とまります。今まで、書面や電話などで繰り返し返済を求められ、気の休まらない日常を送っていた場合、これらの督促から解放されるのですから、気持ちの面でも前向きになり、仕事や家庭生活が充実したものとなるでしょう。 当然ながら、借入金が減額されます。減額される金額は各貸金業者との交渉しだいです。過払い金がある場合、過払い金にも5%の利息がついて返還される金額が増えています。これを元金返済にあてることによって借入金の残高が大幅に減少する場合があります。

払いすぎていませんか?

払いすぎている場合には、逆に貸金業者からその分の返還も受けることができます。また、将来の利息が減額されるので、元本と利息を合わせた月々の返済額が減額され、返済が容易になります。任意整理の他に、自己破産や個人再生など、債務整理の方法があります。 これらの制度と比較して、任意整理には以下のメリットがあります。任意整理は裁判外の「和解」です。ですから、任意整理をする借入金の範囲を自由に設定でき、車のローンを除外したりすることも可能です。また、自己破産、民事再生は埼玉の裁判所を利用する手続きなので、「官報」に氏名が掲載されます。

官報に掲載されても...

「官報」を個人で定期的にチェックする人はまずいないため、周りの人に知られるおそれはないとはいえ、あまり気分のよいものではありません。これに対して、任意整理の場合は、官報に氏名が掲載されることはありません。また、自己破産では財産の処分をしなくてはならず、職業制限もあるのですが、任意整理にはそのようなことはありません。