債務整理をした場合に、住宅ローンや自動車ローンは組めるのかという相談が多いですが、ローンが組めるケース、組めないケースがあります。

債務整理をする事でブラック裏リストに掲され、5年間は消える事はありません。住宅ローンと自動車ローンは高額なことからローンを組む段階の審査で信用情報は必ず調べられます。なので、債務整理をした事は分かります。

債務整理後にローンが組めるケース

確実にローンを組む事ができる人は、債務整理後にすべての借金を完済して、借り入れがない状態で5年経過している人です。ブラックリストは5年間掲載されます。

債務整理をして借金を完済する事ができて、5年経過している場合は、ブラックリストの登録から削除され、借り入れがない人と全く同じ状態になります。キャッシング、ローンや借り入れの審査で大前提となってくるのが信用情報です。信用情報は簡単な手続で取り寄せる事ができますので、過去に債務整理をした、断られる理由がないのに審査に通らない人は1度自分で信用情報について確認した方がいいでしょう。

債務整理後にローンが組めないケース

ローンが組めないケースは債務整理後に借金の返済が終わっていない状態、返済中のケースが多いですね。更に延滞などしている場合は、100%ローンの審査は通りません。金融界社にとって債務整理して事は返済ができない状態と捉えていますので、抱えている借金を完済しなければ借り入れする事は難しいでしょう。これは、住宅ローンや自動車ローンについて中心の内容となっていますが、クレジットカード、ローンについても当てはまります。債務整理中の借り入れは難しいと言えますね。