レイク(新生フィナンシャル)は、十分な支払い能力があるにも関わらず、弁護士と通さずに個人で過払金請求すると、過払金元本の半額くらいしか知は割らないという内容の和解を提案する事が多いようです。レイク(新生フィナンシャル)側が掲示してくる低い金額で和解してしまうと、その和解の効力を争う事は非常にこんなになってきます。

弁護士が請求した時の対応

過払金元本に対して、支払日までに年5分割合による利息を付加した金額を請求すると、レイク(新生フィナンシャル)は、過払金元本の全額を返還するという内容の和解の提案をしてくれる事が多いようです。訴訟を提起した場合、金額の額に関わらず、レイク(新生フィナンシャル)は、代理人をつけて争ってきます。代理人は、争点についてある程度主張・反論をした段階で和解の提案してくる傾向があるようです。レイク(新生フィナンシャル)側も代理人をつけて争っている以上、提案される返還金額は、こちらが提案している請求金額より少し減額したものになります。請求通りに金額を回収するには、判決を得る必要があります。