プロミスもアイフルと同じで、十分な支払い能力があるにも関わらず、弁護士と通さずに個人で請求すると利息を付加した満額の半額にもならない金額しか払う事ができないという和解提案をしてきます。「うちの会社は倒産する予定なので、この金額が限界です」「倒産してしまうと一切お金を支払う事ができませんので、この金額で和解しませんか」と持ちかけられて、かなり低い金額で和解してしまう人が多いです。1度和解してしまうと、その和解の効力を争う事は非常に困難になります。

弁護士が請求した時の対応

弁護士が依頼者の代理をしてプロミスに請求した場合は、利息を含めたほぼ満額を回収できる事がほとんどです。プロミスは、訴訟提起前では、利息を含めた満額の和解提案をしてきません。訴訟を提起する事で第二回期日の前に、プロミスから和解提案があり、利息を含めた満額に近い金額を回収できるように弁護士と業者が交渉します。プロミスは、訴訟の提起すれば、高確率で利息を含めた満額を回収する事できます。