複数の消費者金融や住宅ローンでお金を借りて、その返済に困っている人が岡山にも多くいます。その中で競売にかかってしまう人や、借りやすい消費者金融を探して借金のための借金を重ねる人も出てきます。そして最悪に行き着いてしまえば借金の返済のために闇金に手を出してしまう人たちもいます。闇金は東郷さんと俗に言われ一〇日で元金の金利が3割や5割が当たり前でついてきます。そして支払いが遅れてしまった時の督促は執拗で会社も辞めていく人が岡山でもいます。

ですがこれらの債務整理も士業を行っている人に依頼をすれば簡単に債務整理をすることができます。まず闇金ですがこの業者は貸金業としての実態がありません。本来違法な金利での貸し付けは禁止されていますので元金を含めて返済はしなくてもよいことになっています。もし返済を何回かでも行ったのならすぐに弁護士に依頼して返済口座を凍結してもらうように依頼してください。

次に複数の消費者金融になりますが長い間借りては返し返しては借りるということを繰り返していた人は、過払い金の返還請求ができます。払いすぎていた金利を弁護士が返還請求することによりそのお金が手元にかえってきます。そのお金を利用して借金がゼロになった人や大幅に少なくなった人が岡山には多くいます。債務が減少すれば返済もずいぶん楽になるはずです。

それでも大きめの残債が残ってしまうという人には任意整理という方法もあります。これは個人でおこなうとほとんどの消費者金融は相手にしてくれませんが、弁護士が介在すればスムーズに債務整理ができる方法です。

金利や支払回数を業者と話し合って負担を少なくする方法になります。特定調停や自己破産などの方法もありますがこれらの方法は必要な書類が多くあり、裁判所に提出するのも個人一人ではなかなかうまくいかないことが多いのでこれらを利用するときも弁護士に依頼したほうがスムーズに債務の整理ができます。

複数の業者からの借り入れがある人は様々な債務整理の方法があることは上で述べたとおりですが、一番最初にやっておきたいことは過払いがあるかないかの確認です。

岡山に限らず全国各地の法テラスでは債務の整理の相談に乗ってくれますし、弁護士の中には相談も無料で多く払ってしまった金利の計算も無料で行ってくれるところもあります。もう首が回らないという前の段階でこれらの無料相談を賢く利用して、過払いがあるのかないのか確認することも重要です。