債務整理を弁護士に依頼する人も多いですが、債務整理後のクレジットカードについての相談も多いです。その相談内容は「債務生後にいつクレジットカードを作る事ができるのか?』という内容です。債務整理前、債務整理後にはブラックリストに掲載される事になりますので、クレジットカードを作ったり、住宅ローンを組んだりする事はできないと思ってくれたらいいでしょう。

債務整理をしてから5年〜7年間はブラックリストに掲載される事になりますが、掲載期間を過ぎれば債務整理をしたという記録は無くなります。その後は普通にクレジットカードの審査を受けるだけでカードを作る事が可能になります。ネットでクレジットカードと検索するとたくさん情報があります。クレジットカードを比較しているサイトもあり、そのなかには審査が甘いクレジットカードもあります。

しかし、審査の甘いクレジットカードは金利が高いという事になりますので注意しましょう。気軽に借りる事ができますが、リスクが高いと言えます。クレジットカードの利用に計画性がない人が、借金の返済に困って債務整理の相談すると言うケースが非常に多いですね。

クレジットカードのキャッシングも借金という認識をする事が大切です。ブラックリストに掲載されているにも関わらず、クレジットカードが作れたり、ローンが組めたりする賃金業者は危ないと思ってください。この状況でクレジットカードが作れる事が怪しいと考えましょう。