香川で数社から借金を重ね、積もり積もって今では利子の支払いに毎日追われてしまっている人はたくさんいます。 その借金地獄から脱出する一つの方法として、債務整理があります。 債務整理と一口にいっても、種類があります。

それは任意整理、民事再生、自己破産などです。また、耳にする機会が多いもので、すでに完済している借金に対しても行える過払い金返還請求もあります。

まずは任意整理です。 任意整理の手続きが出来れば、これからも払わなければならないはずだった金利が無くなり、毎月の返済額を減額できるのです。 毎月住宅ローンを支払っているくらいの額を返済していた人が、安い賃貸アパートの家賃くらいの支払いになる可能性があるのです。 そして、場合によっては過払い金がかえってくることもあります。

民事再生では、裁判所での判断が必要にはなりますが、返済困難と認められれば、3年分割で減額された借金を返済していくことができます。 自己破産手続きをすれば、値打ちのあるマイホームや車などは手放すことになりますが、その後得た収入等は自分のものとなります。

過払い金請求では、長年高金利で借入を続けてきた人は、払いすぎたお金を取り戻せる可能性大です。 実際、利息制限法という法律に従い、金額によって上限金利は15パーセントから20パーセントに制限されているのです。 ところが、出資法で設定されている上限金利29.2パーセントまでの間の、いわゆるグレーゾーンの間の金利を支払い続けている場合が多かったのです。 利息制限法と出資法のはざまにあった金利に関しては、民事上は駄目でも刑事罰のお咎めは無かったのです。

ちなみに現在では出資法の上限金利は20パーセントに変更されています。 すでに完済してしまって、金利何パーセントだったかわからないという方でも調べることは可能です。ただし、過払い金の返還期限は10年と決まっているので、早めに調べる必要があります。 過払い金の請求実績のある消費者金融や信販会社は、香川にもたくさんあります。

個人での債務整理は骨の折れる作業になるでしょうから、手続きはプロにお任せするのが一番です。 弁護士事務所等でも、相談だけなら無料というところもあります。 公的な機関でも相談可能なところがありますし、当然秘密も厳守されます。 手続きを始めたその日から、支払いをストップできる場合もあります。 香川で新しい人生をスタートさせるなら、まず相談してみましょう。