過去に過払い金が発生していた事に気づかず、自己破産、個人再生、特定調停を行った場合であっても、過払い金が発生していたのであれば、過払い金請求する事が可能になります。最近、賃金業者の中には、倒産したり、経営状態が良くない業者もあり過払い金を事実上取り戻す事ができない場合もあります。

過払い金請求しても、本来発生している過払い金の1割、2割の返還を提示してくる業者もあります。このような場合の過払い金請求は訴訟によって回収するしかありません。訴訟になっても、裁判所から分割の提案され、4分割の提案が荒れる事もあります。最近では、訴訟になっても、過払い金を回収する事ができないケースが多く、その理由として賃金業者の経営状態が良くないことです。

消費者金融の大手、武富士も会社更生法の申請をしたことによって、武富士に対する過払い金は大幅にカットされることが予想されています。この事は他の金融会社にもあてはまりますので、早急に過払い金請求する事をおすすめします。

過払い金請求は完済後、10年以内にする必要があり、10年経過すると、賃金業者の時効援助によって、過払い均整級する事ができなくなってしまいます。過払い均整級の状況は、賃金業者の経営状態の悪化を理由に日に日に悪化しているので、早めに過払い金請求する事が得策になります。

デメリットがない!?

過払い金請求はメリットが大きい分、デメリットの大きいのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか?借金を完済している人は、そのような考えは捨てていいでしょう。なぜなら、完済済みの方が過払い金請求の手続を行ったとしても、何もデメリットが無いからです。

一昔前は、過払い金請求した事によって信用情報に掲載されてしまう事が通常でしたが、2010年以降は完済済みの過払い金請求に関して、信用情報に登録される事は無くなりました。この事から、過払い金請求をしやすい環境になったことに間違いはありません。

過払い金請求は個人で行う事もできますが、相手の金融業者もその道のプロですので、個人相手にはなかなか相手にしてくれない、過払い金が思ったよりも戻ってこないなど、不利な条件を言ってきます。なので、失敗する事が多いですね。

過払い金請求の問題は、法律のプロである弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。手続を代行してスムーズに行ってくれます。また、こちら側が有利になるように事が進んでいきますので、個人で行うよりも返還金が多くなります。まずは無料相談から始めて行きましょう。無料でも親身にあなたの悩みを聞いてくれ解決への道を作ってくれるでしょう。