借金の返済ができない状態に陥ってしまった人は、債務整理をして借金を減額することができます。債務整理が終わって返済を行っている間に住宅ローンを組みたいと考えている人も多いようですが、はっきりいいますと住宅ローンを組む事はできませんし、組めたとしてもかなり無謀とも言える行為となります。

自己破産、個人再生の手続をすると金融会社に信じてもらえなくなってしまいます。任意整理の場合にも当てはまります。ローン全般的に信用してもらう事ができないと思ってもらえばいいでしょう。なので、住宅ローンを組む事はもちろんできません。

債務整理後に住宅ローンは組めるのか?

債務整理をする事によって減額された借金を完済した場合、自己破産によって借金の返済が終わった場合はどうなるのか?この場合でも、すぐに住宅ローンを組める人は少ないでしょう。仕事を1、2年経った時点でローンが組めるくらいの余裕のある生活ができるようになったという事はありますが、ローンを組む事ができるのかは別で、組む事はできません。

債務整理を行うとブラックリストに掲載され、ブラックリストの登録から削除されるのに5年以上、自己破産の場合は10年はかかります。ブラックリストに登録されている期間は住宅ローンを組む事はもちろん、クレジットカードを作る事もできません。ブラックリストから削除されても。必ずローンが組めるとは限りません。債務整理後の制限が厳しい事も承知した上で債務整理をしておくと後々困る事はないでしょう。