自己破産の申し立て➡債務の免除(免責)の申し立てを行うことで再建を免除される方法が自己破産になります。免責を受ける事によっていままで膨れ上がってきた借金を帳消しにすることができますので、このままではまともな生活ができないと言った状況になった場合は自己破産を考えてみるのも1つの策になります。

自己破産のメリットは免責が下りると債権が免除される事になりますが、もう1つ金融業者からの取り立てが止まることです。破産の申し立てが裁判所に受理された時点で取り立てに規制される為に、され取り立てが無くなります。

この取り立てが1番精神的にきつい部分になりますが、その取り立てが止まる事はすごくありがたいことですよね。しかし、罰金、社会保険、公共料金、故意、もしくは重大な過失による損害賠償、罰金などは免責が下りたとしても免除されませんので、自己破産の手続きをお考えの方はこの事をふまえた上で検討してください。

免責が決定したあとの収入の使い方に制限がなくなり、今まで借金の返済で一杯一杯になっていた状態に比べたら格段に楽な生活をおくることができ、心にも余裕ができます。今後は失敗しないように堅実な道を歩んでいきましょう。自己破産というと家財道具一式を没収されるイメージがありますが、そのような事は無く、生活に必要な冷蔵庫や洗濯機などは残しておく事ができますので安心してください。

自己破産のメリット、デメリット

自己破産のメリットは魅力的ですが、もちろんデメリットもあります。その1つは破産、免責が下りた後は個人情報に破産者名簿(一般的にブラックリストと言われています)に登録されて、この登録が抹消されるまでの間はローンを組んだり、クレジットカードでの買い物が出来なくなります。あと、破産宣告から免責が下りるまでの間は弁護士や税理士、株式会社や有限会社の取締役、監査役など就けない職業がありますので、自己破産を考えている方はこの事はよく覚えておいてください。