債務整理語に自動車ローンを組む事ができるのかという質問される方が多いようですが、実際にできるのか気になりますよね?答えはできません。債務整理を行う事によってブラックリストに掲載される事になります。この期間はローンを組む事ができません。どうしても車が欲しい場合は、貯金して一括購入が1番いい方法となります。ローンではなく、現金で購入できるようにしっかりと計画を立てる事が大切です。

配偶者がいる場合は、配偶者の名義で購入できるかどうか検討してみるといいでしょう。配偶者に一定の収入があり、信用情報機関に記録がない場合はローンが組める事も可能性があります。配偶者の名義でローンを組む場合でも、第三者に保証人を依頼する事が重要です。保証人がブラックリストに掲載されていると審査に通りにくくなります。保証人も審査対象なので、ホワイトな方に依頼するのが得策ですね。

自動車ローンだけ債務整理できるのか?

自動車ローンだけ債務整理をする事はできます。しかし、自動車が手元にある場合は自動車を処分してから債務整理をする事になります。自動車を手元に持ったまま債務整理をする場合には、自動車の販売業者との間で特別に合意された時だけ可能となります。

合意がない場合は、自動車を処分せずに、債務整理を行う事はできません。現代の生活で、自動車は必需品の人も多いと思いますので、あなたにとって最適な選択をするためにも、専門の弁護士に相談してみるといいでしょう。