家を建てる時やリフォームを行う時に銀行で住宅ローンを組んでお金を借り入れ、建築や家の手直しをする人は石川にも多くいます。借り入れを行った銀行ではそれらの不動産に抵当権という権利をつけてお金を貸し出すとともに、債権者には連帯保証人か補償金を払ってもらい保証会社をつけるように言ってきます。それらの手続きをとって銀行はお金を貸し出してくれるようになります。 お金を借りた人は毎月定期的に借りたお金を返済していかなければならないのですが、何らかの事情でその返済が滞ることもあります。返済が3か月以上なかったときには銀行は債務を債務者に代わり払うように保証会社に求めることになります。

保証会社が債務者に代わって銀行に対してお金を全額支払うことになります。これを代位弁済と呼んでいますが、石川でも代位弁済を行ってもらった人も多くいて借りた人の住宅ローンの支払いはこれからこの保証会社に対して行わなければならなくなってきます。 保証会社ではその人に応じてまたローンを組んでくれるのですが、それも滞る人も出てきてしまいます。そんな時には保証会社は競売を実行するところもあります。銀行から債権が保証会社に移った時には抵当権もその保証会社に移ることになりますからその抵当権の執行を保証会社が行うことになります。

そうなると債務者は債務整理を行わなければならないことになります。競売にかかるのを待っているか自分の意志で不動産の売却を行うのか選択を迫られます。一般的に任意売却のほうが不動産が高く売れることから任意売却を選択する人が石川でも多くなってきています。 任意売却を行う時には債務者の合意が必要になってくるために自分一人では話し合いが困難になってきますので任意売却を専門とする業者に依頼して任意売却の話を進めていくことになります。債務整理のための任意売却を扱う業者は多くいてスタッフに弁護士や司法書士などの専門家を配置して営業を行っているところもあります。

また、家を売却しないでそのまま住んだまま、債務整理を行いたいという人も多くいます。これらの要望をかなえる方法を持ち合わせている業者も多くいてその一例をあげると競売にかかる不動産を第三者に買い取ってもらい債務者はそのお金で債務を返済して、買い取った人には家賃を支払っていくという手法を用いて債務整理を行う方法もあります。 競売にかかってしまったら、それを待つより任意売却を行ったほうが得策になります。