各種のローンを滞納して金融機関から督促を受けている人が兵庫にも多くいます。こういう状態になった時には債務整理を行って債務を圧縮したり債務をなくしてしまわなければなりません。 まず個人的にできることは周りを見てみて売れるものはお金に変えてしまいそのお金を返済に充てる方法や、親族や知人に頭を下げお金を融通してもらう方法でお金を払う方法、働く時間を多くして手に入ってくる収入を多くして支払いに充てる方法が見当たります。

そういう方法で支払いが済んでしまえば何もいうことはありません。そんな方法をとっても延滞を起こしてしまい督促が来るようならば法的な手段で債務整理をするしかありません。法律にもとずいて行う行為ですので裁判所が深く関与してきます。兵庫でも多くの人が法的な処置で債務整理を行っています。

不動産の任意売却

住宅ローンなど不動産を担保にして金融機関からお金を借り入れている場合は、延滞が起こってくると金融機関が抵当権を理由に競売をかけてきます。債務者は不動産を売って金融機関の支払いに充てなくてはなりません。競売で不動産を売ってしまうより自分で任意に売ってしまったほうが高く売れることから競売にかかった人の多くは自分の意志で売却を行います。兵庫でも多くの人がこの方法で不動産を売却しています。これを不動産の任意売却といいます。この行為は債務者である金融機関が同意して初めてできる行為ですので債権者とよく話し合ってから売却を行ってください。

特定調停による任意整理

次に担保をとられていない債務ですがこれは金融機関との話し合いによってその債務を少なくしたりなくすことも可能になっています。特定調停と言って裁判所の調停委員に金融機関との間に入ってもらい話し合いで債務の減額や放棄を話し合います。金利の減免に応じる金融機関は多いのですが、元本まで少なくするような金融機関は少ないのが特徴です。これを特定調停による任意整理といいます。裁判所を通さずに弁護士に依頼することで業者と話し合ってくれる弁護士もいます。もちろん弁護士に依頼する場合は費用が発生します。

次は債務全体をなくしてしまう方法です。自分が破産宣言をして裁判所がそのことを認めることにより今まであった債務を支払わなくてもいい方法です。様々な書類を作成して裁判所に提出をして免責許可の決定をもらいます。不動産などの資産がある人はそれらの資産は手放さなくてはなりませんので注意をして行ってください。