借金を整理していくという事は、借金、債務をいかに減額するだけでなく、相談者の方それぞれの事情を考慮しなければ、相談者の生活を守る事はできません。借金を最も減額する方法として、自己破産がありますが、給料の振込口座の件で任意整理の選択をしなければいけない場合もあります。また、資格制限の問題で、個人、民事再生の請託せざるを得ない場合もあります。

会社からの借金や友人からの借金があり、勤務先、友人に迷惑をかけたくないという事から、自己破産、民事再生以外の債務整理方法、任意整理を選択するケースも考えられます。

保証人は一括請求される

その理由は、自己破産、民事再生は全ての借金を債務整理の対象にしなければならないからです。保証人に付いているさ借金についても、同じような事が言えます。このように、債務整理はただ単に借金の額を減らすだけではなく、債務者の事情や生活状況などを考慮しなければ、債務者にあった最適な債務整理の方法を選択しなければなりません。

保証人がついている借金についても、利息の引き直した結果過払い金が発生していれば、債務整理として、金融業者から請求される事はありませんが、借金が残った場合に保証人は原則として、一括請求されます。

今まで通り分割弁済できるように交渉する事も考えられますが業者、担当者により必ず認められるものではありませんので頭に入れておいてください。保証人に迷惑をかけたくなければ、保証人についた借金を外す事になり、自己破産、民事再生では全ての借金を対象とすることになり、任意整理をすることになります。

借金問題はかなり複雑

任意整理であれば、月々の弁済が多くなる事もありますので、自己破産より返済はきつくなってきます。保証人に状況を話して、保証人に債務整理などの対処をしてもらうか、任意整理でも原則、将来利息をカットする事ができるので、任意整理で頑張るかの判断をしなければなりません。

住宅ローンの保証人に関しては、民事再生であれば、今まで通り支払っていくので、保証人が業者から請求される事はありません。このように、借金の問題はかなり複雑なので、1度専門の弁護士の方に相談する事をおすすめします。ほとんどの事務所が相談料無料となっているので、気軽に相談してください。