借金の問題を法的に解決する手段として債務整理があります。債務整理といってもその方法は、大きく分けて4つあります。任意整理、個人再生(民事再生)、特定調停、自己破産です。この中で一番多く手続きがされているのは任意整理になります。 群馬県に住んでいる方で、借金の返済で頭を抱えている、金銭的な負担だけでなく毎日の取り立ての電話で精神的にも追い詰められているという方は、群馬県内の法律事務所で債務整理の相談をすることです。

借金の問題はとてもデリケートなことなので、法律事務所に相談をする前になんとか解決したい、そうなるとおまとめローンや借り換えローンで金利の低い商品を利用する手段もあるのですが、金利が下がるといってもその下げ幅はあまり大きくなく、毎月の返済金額が減ったとしてもその分返済期間が長くなってトータルでの返済金額は結局のところあまり変わらないといったケースもありますので、どの商品を選ぶのかが重要になってきます。

一度借金を完済したほうがいい

このまま継続して返済をしていくにもいつになったら返済が終わるのかも不明です。それであれば、債務整理の相談をしたほうが借金は減額されますし予定の返済期間も短くなります。信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうデメリットはあったとしても一度完済をさせてからのほうがその後の経済生活が再生させやすくなります。

任意整理で手続きをするのであれば、借金の返済はこれからも続けていく意思があり減額された借金を3年〜5年の期間で返済の目途が立つ、それだけの収入は確保できる方におすすめの手続きです。借金がどのくらい減額されるかですが、借入期間が5年以上あると30%〜40%は平均で減額させることができます。任意整理よりも個人再生の方が大幅に減額できますが、群馬の裁判所に出廷をしなければならなくなります。

そして、住宅ローンや自動車ローンも利用していてまだ住宅も自動車も手放さずに手続きをしたい方に任意整理は向いている手続きになります。はじめは自己破産を検討をしていた方でも取引履歴を取り寄せて引き直して計算をしてみたら過払い金で大幅に減額をさせることができて、当初は自己破産を検討していて自動車や住宅の処分も止む無しとしていた方も任意整理で借金問題を解決させることができて、財産を手放さなくて済むというケースもあります。任意整理のデメリットとすればブラックリストとして登録されるだけで自己破産ほどの社会的な制裁はないです。