債務整理と一口に言っても、その内容はそれぞれの借金の状況や過払い金の有無によっても変わってきます。その明確な判断はそれぞれ、利用する司法書士事務所や弁護士事務所によっても異なってくるのですが、気になる人は一度相談に訪れてみてはどうでしょうか。 岐阜県でこうした手続きをする際にも、その内容にかかわらず必要になるのは弁護士、司法書士などの専門家への相談です。比較的手軽に利用することが出来るとされる過払い金返還請求、そして任意整理は裁判所を通さずに貸金業者との交渉によって状況を改善していくことが出来ます。

もちろん、その手続き、話し合いには専門科の助けが必要ですが、周りに借金の存在を知られることなく手続きを済ませていきたいという場合にはお勧めです。ただ、注意しておきたいのは過払い金返還請求の場合、交渉を行う貸金業者によってはそこで新規の契約が交わせなくなることがあります。もちろん、すべての業者がそうというわけでありませんが、これからも借り入れを利用していきたいと考えている人は注意が必要です。

デメリットがある

更に任意整理を行う際も注意が必要な点があります。それは手続きを行ってから5年程度の機関はその情報がブラックリストに載ってしまうという点です。つまり、この間は新たにローンを組むことが出来なくなりますし、新規のカードも発行できなくなるのです。もちろん、こうした注意点があったとしても毎月の借金返済の負担が軽減できるというのであれば、決してすべての人が損をするというわけではありません。

さらに、裁判所を通しての債務整理の方法を挙げると、自己破産や個人再生の方法があります。自己破産は借金を免除することが出来る半面、自宅などの個人資産を処分しなければいけないケースもあります。

取り立てはストップする

とはいえ、借金の取り立てが一切なくなることを考えると、借金管理が追い付かなくなったという人にはうってつけです。個人再生の場合は自己破産とは違い、家を処分するなどの作業は必要ありません。ですが、その分手続きに多額の費用、そして長い時間がかかることになるため素人にとっては難しいと感じることもあります。

どの方法を選択するにしても弁護士や司法書士等の専門家の助けが必要になるため、岐阜で債務整理をする際には近くの弁護士事務所、もしくは司法書士事務所をチェックしていくことからはじめていきましょう。岐阜内には幾つかの事務所が点在しています。まずはそれぞれの事務所の料金システム、そして口コミ等を確認していくことをおすすめします。