最近、債務整理を行っている事務所で多くよせられている相談が『不動産担保ローン』に関する事です。不動産担保ローンとは、不動産の担保を条件に高額の融資をする事の総称ですが、最近は、この不動産担保ローンをする方が特に増えてきています。

そのわけは、消費者からすると、高額な融資を受ける事ができ、借金の1本化は可能で、毎月の返済額の減る、金利が低くなるといった利点がある事から利用する方が多くなっているのです。一方、賃金業者も相次ぐ過払い金請求などによる貸し倒れのリスクをおさえるられる商品の必要性があるため、いままでは無担保を売りにしていた大手消費者金融も不動産担保ローンを行っている事が現状です。

不動産担保ローンには、今までに無かったリスクを背負う事を十分に理解して、今後の生活設計を立てる事が大切になってきます。

不動産担保ローンの利用で債務整理への影響は??

もちろん、人によって状況が違ってきますが、相手方には『担当券』という協力な武器がありますので、その攻撃をかわしながら交渉をしていく事は、専門の弁護士や司法書士の方でも容易ではありません。しかも、それが、住宅の場合だと、攻撃を受けた時のダメージがかなり大きくなります。

不動産担保ローンについて

借金が高額な場合でも、民事再生手続を行うことによって大幅に借金を減額する事ができ、さらに住宅ローンの特則の利用によって、住宅を失わずに負債状況を緩和する事ができます。しかし、住宅ローン以外の担保権が設定されている場合には、この『住宅ローン特則』の利用が認められず、重多雨を手放す事無く負債をを解決することは非常に困難になってきます。

まとめ

債務整理にもデメリットがありますが、重要なのは不動産担保ローンによるリスクと、債務整理によるリスクを受け入れる事がこれからの人生を良いものにする事ができます。やはり1度きりの人生なので、楽しく生きていたいですよね。このような問題を早急に解決する事で楽しい人生を送る事ができます。しかし、いつまでも行動に移さなければ何も変わらないままです。