債務整理とは、金利負担を無くし、借金額を減らす法的な手続きのことを言います。債務整理には幾つかの種類があり、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4種類があります。自己破産は、借金返済が出来ないことを裁判所で認められたら借金返済の必要が無くなる方法です。 個人再生は、借金額を減らし、残りの借金を3年間で返済する方法です。任意整理は、弁護士や司法書士が代理で金融機関に対して、借金の減額要求や過払い金請求の交渉を行い、借金返済の負担を減らすようにする方法です。特定調停は、裁判所で、債務者と債権者との間に調停委員を置き、借金返済に関する合意を図る方法です。

債務状況で方法が異なる

これらの中からどの方法が望ましいのかを独自に判断するのは非常に難しいと言えます。そこで、どの方法が良いのかの相談を受け付けてくれる業者を探す必要があります。基本的には、弁護士事務所が最も適していますが、青森では、弁護士事務所の数が多く、債務整理の相談窓口を設けているかどうかは、実際に電話等で問い合わせてみないと分からない場合が多いので、片っ端から問い合わせるのではなく、青森のメディアを通じて宣伝活動を積極的に行っている弁護士事務所をピックアップし、その中から相談先を見つけるのが最も好ましい方法と言えます。

更に、全国各地に事務所を構えていて、債務整理を始めとした様々な案件を数多くこなし、様々なノウハウを持ち合わせていると、青森に居ながらでも、高いレベルの対応が期待出来ます。このように、相談先の弁護士事務所選びを慎重に行わなければならないのは、債務整理におけるメリットを最大限に活かす必要があるからです。

債務整理のリスク

そのメリットとは、借金の免除、もしくは、借金の減額を果たせることです。但し、ここで注意しなければならないのは、金融面においてデメリットを併せ持っているということです。そのデメリットとは、自己破産、個人再生、任意整理を行った場合、一定期間において、信用情報機関に登録されてしまうことです。更に、個人再生の場合、国が発行している官報に氏名や住所が掲載されてしまいます。 その他にも細々としたデメリットがありますので、相談先の弁護士事務所からデメリットに関する詳細な説明を受けることが必要です。よって、弁護士事務所選びをきちんと行えば、青森に居ながらでも難なく無事に債務整理を行うことは十分に可能ですが、それに伴うリスクの発生に関しても十分に認識しておく必要があります。