借金が苦しいなら専門家の知恵を借りよう

借りたものは返すのが当然のことですが、先のことは誰にもわかりません。借金をした時には定職について安定した収入があったとしても、将来的に病気や怪我をして休業することや会社の経営が傾き失業をしてしまうことがありえます。 そうなると、当初の返済計画が崩れてしまいます。そういうときに、事情を話すことで返済の猶予をしてもらうことが出来ることもありますが、そう長い期間ではありません。いずれは返済しなければいけないものです。 この点は借金返済の大きなリスクと言えます。

債務整理をして借金の返済負担を減らす

借金の返済で苦しい状況になったとき、なにか解決策を探さなければいけません。そんなときに出てくるのが債務整理という方法です。債務整理と言っても、その内容を詳しく見ると任意整理、民事再生、自己破産という3種類に分けることが出来ます。 自己破産は、一般的にもよく知られているように、借金の返済から解放される代わりに、必要最低限の財産以外は差し押さえられてしまうものです。 では他の2種類はというと、任意整理は債権者と直接に話し合い、借金の圧縮を図るものです。対して民事再生は裁判所を通して、借金お額を減らすものになります。任意整理も民事再生も借金の額を減らすことで、完済の可能性を高める事ができます。

天音法律事務所に依頼する

借金が苦しいからといざ債務整理をしようと思っても、法律を知らなければ何をすればよいのかわかりません。ですから専門家の知恵を借りることが最善です。 東京で手続きをしたいのであれば、債務整理の案件を数多く手がけてきた天音法律事務所が頼りになります。 債務整理は、一分一秒でも手続きを早くしたほうが良いものですが、天音法律事務所であれば土日祝日、そして夜間でも相談に乗ってくれます。電話はもちろん、メール、サイトに設置された問い合わせフォームでまず話をすることが可能です。 相談して解決策に納得した上で委任契約を結べば、後は安心です。

まとめ

病気や怪我、失業など思わぬことで、借金の返済が立ちゆかなくなることがあります。そのようなときには自己破産や任意整理などの債務整理をすれば、借金返済の負担を軽減する事が可能です。そのときいつでも相談に乗ってくれる天音法律事務所を頼れば、安心して解決への道が切り開けます。

公式サイトへ